FC2ブログ

Commonscapes

Home  > 2018年10月 > スポンサー広告 > This Entry 2018年10月 > Web > This Entry [com : 0][Tb : 0]

スポンサーサイト

-- -- --,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック URI

canonical属性を FC2ブログで実験的に導入してみる

2009 03 07,Sat

追記:試行錯誤しつつ導入したのですが、色々記事を読んで勉強するうちに、下手に手を加えずに素直に運営側の対応を待ったほうがいいかもしれない、との考えに至りました。記事は削除しませんが内容に責任は持てません。

重複したコンテンツや URL から正規となるものをサーチエンジンに教えるための手段として canonical属性が導入されたわけですが、これを FC2ブログのテンプレートに取り入れてみようと思います。FC2ブログには結構豊富な独自変数が用意されているので案外簡単にできるかなと軽く考えていましたが、随分苦労することに・・・

想定する重複コンテンツ・重複 URL の例を挙げてみる

まずは Google ウェブマスターツールや Yahoo! サイトエクスプローラーから探したり下記の参考記事を読んで重複している URL をまとめてみました

  • 月・日別表示ページ (?date=yyyymm(dd) と blog-date-yyyymm(dd).html)
  • カテゴリ別ページ (?cat=xx と blog-category-xx.html)
  • 全記事タイトル一覧ページ (?all と archives.html)
  • 固定リンクページ (?n=yy と blog-entry-yy.html)
  • ブログルートページ (blogxx.example.com と blogxx.example.com/index.php 等)

上に挙げた例以外にも検索結果画面 (?q=xxx) や タグ検索結果画面 (?tag=xxx) も候補になるとは思うのですが、自分の場合は外しました。検索クエリを含む記事が全文表示される為に固定リンクページとコンテンツが重複するわけですが、この場合の適切な canonical属性の指定 URL が思いつかなかったのです。複数指定するのも変だし。そもそも、本文を抜粋表示やタイトルのみ一覧表示させることができればこの問題は解決するのですが。
カテゴリ別などのページも一覧表示されますが、こちらはパラメータで呼び出された動的 URL を静的 URL へ正規指定したいので候補に入りました。

各ページ対応の canonical属性の指定例(非推奨・理由は追記を参照)

<!--not_index_area-->
<!--topentry--><!--permanent_area--><link rel="canonical" href="<%topentry_link>" /><!--/permanent_area--><!--/topentry-->
<!--date_ara--><link rel="canonical" href="<%url>blog-date-<%now_year><%now_month>.html" /><!--/date_area-->
<!--category_area--><link rel="canonical" href="<%url>blog-category-<%cno>.html" /><!--/category_area-->
<!--titlelist_area--><link rel="canonical" href="<%url>archives.html" /><!--/titlelist_area-->
<!--/not_index_area-->
<!--index_area--><link rel="canonical" href="<%url>" /><!--/index_area-->

上記コードの補足など

いちおう一通りテストはしましたがもっとスマートな指定方法があるかもしれません。また、FC2ブログ側で新たに対応策がとられて上記のコードが使えなくなる可能性も無くは無い、かも。
それと、現時点で気になっている問題があるのですが、この指定方法だと正規化したページにも重ねて表示されてしまいます。これが悪影響を与えるのかどうかも分かっていません。

追記:rel=”canonical”の正規化で、重複コンテンツを撃退 | 海外SEO情報ブログ・メルマガという記事を読んで、必要なページだけに記述するようにしますとの記述が気になりました。これを「正規化したいページには書かないほうがいい」と解釈すべきなのか自分には分かりませんでした。
確信が持てないなら止めた方がいいと思ったので、一旦、 canonical属性の指定を外しつつ更に勉強してみようと思います。ブログ運営側が対応してくれれば、それが一番なのですけれど。

ちなみに、FC2ブログでは必要なかったので触れていませんが、www ありのドメイン名と www なしのドメイン名を統一させるには Google ウェブマスターツールなら簡単に設定できます。Yahoo! サイトエクスプローラーならインデックス状況ページから制御できる・・・かなあ?今度改めて調べておこう

livedoor Blog ではずっと簡単に導入できるらしい

404 Blog Not Found:tips - livedoor Blog - canonical属性に対応する

FC2 ブログみたいに色々工夫しなくていいみたいでとても羨ましいです。FC2 ブログでもどうにか対応してくれないでしょうかねえ

参考記事

トラックバック URI

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索フォーム

最新記事6件のタイトル

分類別

タグクラウド

              

最新のコメントされた記事

月別

付録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。